読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moriのblog〜ヒビノコト〜

日々の何気ない日常を鮮やかにするべく楽しい事を毎日考えているブログです。ダーツや漫画の趣味はもちろんちょっと真面目に稼げる副業の話とか。

この時間はネガティブな思考に陥りやすいらしい。

こんばんわ。

moriです。

 

この時間は「ネガティブ要素」が先行している時間ではないでしょうか。

 

そんな時間にうってつけのブログを更新します(笑)

 

まぁ、言うほどでもないですが。

 

あなたは普段どんな時に落ち込みますか?

 

落ち込まない人なんていないと思うので、そこは飛ばしますが(笑)

 

今日は、とっても落ち込んだ時のことを書こうと思います。

それではどうぞー!

 

結局、上司の手柄なの?

最近、僕が大口の契約を取ってきたのです。

担当者と結構話し合い、ある程度形もまとまってきた。

 

そんな時に、打ち合わせをしていた担当者より偉い人が僕の上司に直接連絡を取って僕の売り上げが全部持って行かれたんです(笑)

 

数百万の案件だっただけにかなり凹みました。。

 

売り上げが上がらないのはあなたのせいではない?

 

まぁ、僕が無理にでも取りに行かなかったのが原因ですが、

みんながみんな上に逆らってまで売り上げを取りに行けるかというと人それぞれです。

 

これは、会社の制度でもありますね。

最初に話が出た時点で売り上げが半分入る仕組みを作っていくであったりとか、

本数はカウントしてあげるであったりとか。

 

上司がその感じだと上司がどんどん出世していくのは当たり前ですよね。

 

でも、結局のところ自由を手に入れるならあなたが動くしかない

 でも、そんなことばっか言っていても仕事が楽しくなくなる一方。

仕事でも圧倒的に成果を出す人はやっぱり日々を楽しんでる人ですよね。

 

PDCAを回して次売り上げを自分が取れるにはどうしたらいいかと、

目標から逆算して考えていくのがやはり大事ですよね。

 

今回の僕の場合だと

 

話が僕に来た時点で、見積もりとお申込書を送付しておくべきでした。

話が固まってから送付するとどうしても後手に回ってしまう。

 

最初にある程度の全体像が見えたら見積もりから申込書送付はとてもスムーズにいってたはず。

 

それを慎重になりすぎた僕の責任ですね。

これが最大の反省です。

 

そこで、上司のせいにばっかして自分を慰めるようなことをしていたら

こんな反省もなかったでしょうね。

 

このブログにもあの表現は適切ではなかったかなとか。

もっと本を読んでおけばとか。

 

思うところはたくさんありますが、

RPGをしているみたいで楽しいですよね。

 

この葛藤している時間が長ければ長いほど、反発力が高くなって、

すごい成果が出たりする。

 

今も眠気がすごい中、ビールを飲んで正直何を書いてるかもよくわかりません(笑)

 

こんな日は大好きなレッチリでも聞きながらもう寝よう。

 

次回はしっかりと書きます(笑)

 

では。